甘いものが止められない!砂糖の中毒状態を防ぐ4つの方法

砂糖 中毒

 

仕事の合間に甘いお菓子を食べると、気持ちもリラックスできて疲れを吹き飛ばしてくれますよね。

 

疲れた脳には、吸収の早い砂糖はエネルギーとして最適で、元気にしてくれる効果があります。

 

そんな砂糖ですが、毎日過剰に摂取していると、中毒状態(依存症)になることを知っていましたか?

 

そこでこの記事では、砂糖中毒になるメカニズムを理解しつつ、砂糖中毒にならないための方法について紹介します。

 

  • どうして砂糖で中毒になるの?
  • 1日5食で砂糖の摂取を減らせられる!?
  • なるべく空腹を感じさせないようにする
  • 喉の渇きから錯覚しているだけかも!
  • 甘いものを食べる日を前もって決めておく
  • 5つの項目で砂糖中毒かチェックしてみよう!

 

どうして砂糖で中毒になるの?

 

砂糖 中毒

 

大前提として、どうして砂糖を過剰摂取すると中毒状態になるのか理解しておきましょう。

 

砂糖が鎮痛剤として機能し、モルヒネをブロックする役割があるとの仮説が、1998年に提唱されそれ以降、様々な実験が行われました。

 

この結果、砂糖はゲートウェイドラッグ(入門薬物)として機能し、他の薬物依存症と同様の依存関係があると指摘されたのです。

 

スポンサーリンク

 

ラット研究によれば、砂糖依存症のラットが砂糖の摂取を停止した途端、歯ぎしりや痙攣など薬物中毒者と同様の禁断症状がでました。

 

この一連の研究から分かる通り、普段何気なく摂取している砂糖は、薬物と同様の依存関係があり砂糖中毒になる可能性を示しています。

 

砂糖中毒になると、肥満の原因になりますし女性であれば細胞の老化からくる、肌のシミやたるみの影響を早めるのです。

 

それでは、次からは砂糖中毒にならないために、どのような点を改善するべきか4つの予防方法を紹介します。

 

 

1:1日5食で砂糖の摂取を減らせられる!?

 

砂糖 中毒

 

今まで砂糖を多量に含むお菓子やジュースを摂取していたのを改めて、ダイエットを始めた人が、砂糖の中毒に陥る可能性が高いです。

 

今までの習慣を急激に改善させようとすると、身体は拒否反応を示します。

 

脳は習慣を守ろうとする働きがあり、その流れを変化されるのを拒むのです。

 

スポンサーリンク

 

ダイエットで急激に食生活を変化させることは、砂糖中毒を発生させる引き金のようなもので、特に注意をしておかなければいけません。

 

そこでダイエットをするならば、栄養バランスの良い食事と、お菓子を食べることが大切。

 

理想は3度の食事と2度の間食の、「1日5食

 

ダイエットをしている人からすれば、「多すぎない?」と思われるかもしれませんが、空腹状態を常に発生させないようにすると自然と甘い食べ物を欲しなくなります。

 

 

2:なるべく空腹を感じさせないようにする

 

砂糖 中毒

 

甘い食べ物を欲する時って、どんな状況でしょうか?

 

お昼ご飯を食べ終わって数時間後経過した辺りが、一番甘い食べ物を欲すると言われます。

 

ちょっと空腹になると、すぐに食べられるものを探し、一番手っ取り早いお菓子に手を出してしまう訳です。

 

空腹を満たすために、お菓子に手を出していたのでは改善は難しく、砂糖を手放せない状況にどんどん追いやられていきます。

 

1日5食にすることで、空腹を覚える時間を短くするとお菓子を摂取しようという風には感じなくなります。

 

間食の時に大切なのが、チョコやクッキーというものではなく、昆布やドライフルーツ、ヨーグルトなどに変化させていきましょう。

 

こうすると、むやみに甘いものを欲しくなるという気持ちが薄れていき、砂糖中毒にならずにダイエットを続けられるのです。

 

 

3:喉の渇きから錯覚しているだけかも!

 

砂糖 中毒

 

甘いものを欲しくなったら、それは喉が渇いているだけかもしれません。

 

どうも人間は、喉が渇いている状況をいち早く解消させるために、甘いものを欲するように錯覚して教えているのではないかと言われます。

 

砂糖中毒にならないようにするには、甘いものを欲してきたら水分を補給するように心がけることです。

 

もちろん、ジュースではなくて水を飲んでくださいね。

 

甘いものが欲しければ、フルーツを入れてエキスが出た水を飲むというのも手です。

 

朝にレモンの果汁を入れたお湯を飲むのが流行しています。

 

砂糖中毒を防ぐためにも、この方法は有効ですからどんどん取り入れていきたいですね!

 

 

4:甘いものを食べる日を前もって決めておく

 

砂糖 中毒

 

甘いものを絶対に食べてはいけないと思うと、無性に食べたくなるのが人間です。

 

砂糖中毒を防ぐためには、「甘いものを食べる日」を予め決めておくと良いでしょう。

 

甘いものを食べる日を決定したら、その時はいつも食べられるものではなく、季節限定品など特別なお菓子をセレクトしてください。

 

お祭り気分を味わうことによって、お菓子を食べるのは悪いことという意識を変える働きが期待できるのです。

 

 

5つの項目で砂糖中毒かチェックしてみよう!

 

砂糖 中毒

 

砂糖は身近にある調味料ですから、中毒があるなんて信じられない人も多いでしょう。

 

そして身近すぎるが故に、どの程度摂取しているのか正確に把握しているケースも少数です。

 

では、あなたが砂糖の中毒になっているかどうか、次から簡単なチェック項目を示しますので当てはまるか見てください。

 

5つのチェック項目がありますが、どれか1つでも当てはまるなら砂糖中毒の可能性があります。

 

 

集中力が欠け、ボーっとすることが多い

 

仕事や勉強をしても集中力が続かない。ぼーっとしていることが多い。

 

上司や先生から指摘され、初めて上の空であったことに気付く人は、砂糖に対する中毒を示している可能性が高いです。

 

 

常に情緒不安定で落ち着きがない

 

何事に対してもネガティブで、ちょっとした相手の言動ですぐに腹を立ててしまう

 

また「ちゃんと鍵をかけてきただろうか?」と、些細な点が気になって不安な気持ちを常に抱えている。

 

これらは精神的な不安定を指す場合にも指摘されますが、実は砂糖中毒でも同様の心の状態になります。

 

食べ物を変化すると、こころの不安は落ち着く場合が多いです。

 

 

イライラすると甘い食べ物に手が伸びる

 

ストレスが溜まると、ついついスイーツの食べ放題に行ってしまったり、甘いお菓子に手が伸びてしまう。

 

女性の間では普通に見られる光景だから問題ないと思っていたら、砂糖中毒にどっぷり浸かっている状態です!

 

ストレスに耐性を持つ人は、甘いものを摂取しなくてもストレス発散ができています。

 

 

食後に必ず眠くなる

 

食後にウトウトと眠くなるのは、自然なことと思っていませんか?

 

実は砂糖中毒を訴える人に共通している、「低血糖状態」が起こしている症状だと指摘されています。

 

 

パンやうどん、丼ものが大好き

 

外食に行くと必ず丼ものを食べ、蕎麦よりもうどん派で、菓子パンを好む人は要注意。

 

これらには砂糖が多く含まれており、そちらを好むならば脳が自然と砂糖を欲している、砂糖中毒の可能性が高いです。

 

 

これら5つの項目がどれか1つでも当てはまった人は、次に挙げる症状が出ているでしょう。

 

もし症状に心当たりがあり、複数の症状の事態が重いのであれば病院に行き検査を受けてください。

 

  • 貧血気味
  • めまいがヒドい
  • イライラする、情緒不安定
  • 集中力が途切れる、思考が鈍い
  • 忘れ物、物忘れが激しい
  • 顔や足がすぐにむくむ
  • 冷え性、便秘、偏頭痛が続いている

 

 

    〜まとめ〜

  • どうして砂糖で中毒になるの?
  • 1:1日5食で砂糖の摂取を減らせられる!?
  • 2:なるべく空腹を感じさせないようにする
  • 3:喉の渇きから錯覚しているだけかも!
  • 4:甘いものを食べる日を前もって決めておく
  • 5つの項目で砂糖中毒かチェックしてみよう!
  1. 集中力が欠け、ボーっとすることが多い
  2. 常に情緒不安定で落ち着きがない
  3. イライラすると甘い食べ物に手が伸びる
  4. 食後に必ず眠くなる
  5. パンやうどん、丼ものが大好き

 

 

砂糖は身近な調味料ですが、過剰摂取を続けると薬物と同様の依存症を引き起こします。

 

砂糖で中毒にならないために大切なことは、「糖質制限」を出来る範囲で行っていくことです。

 

急激な糖質制限はストレスの原因となり、逆に糖質を欲しがる悪循環に繋がります。

 

砂糖は脳の活動に欠かせませんので、摂取のバランスが何よりも大切です。

他にこんな記事も読まれています



スポンサーリンク



人気記事ランキングはこちら↓


砂糖 中毒
飲みすぎが招く!
アルコール依存症で鬱になる原因と治療法




砂糖 中毒
アルコール依存症の恐るべき真実!
脳にもたらす5つの影響とは?




砂糖 中毒
油断は死を招く!
急性アルコール中毒の症状と危険性




砂糖 中毒
【アルコール依存症】
苦しい離脱症状が起こる原因と治し方




砂糖 中毒
ギャンブル依存症の克服を目指す!
ギャンブルを確実にやめる方法




砂糖 中毒
共通点あり!
ギャンブルで依存症になる人3つの特徴と対処法




砂糖 中毒
人生が狂う…?!
パチンコやパチスロで依存症になる原因と症状




砂糖 中毒
キレイな水でも危険!
水中毒が引き起こす深刻な症状と対処法




砂糖 中毒
銀杏の食べ過ぎにご用心!
銀杏中毒になる原因と守るべき注意点




砂糖 中毒
カフェイン中毒で頭に激痛が…
頭痛の原因と効果的な治し方




砂糖 中毒
死亡する可能性も!
カフェイン中毒で発生する危険な症状




砂糖 中毒
甘いものが止められない!
砂糖の中毒状態を防ぐ4つの方法




砂糖 中毒
薬物並みの依存性?
チョコレート依存症が起こる原因と対処法




砂糖 中毒
恋人を不幸に招く…
恋愛依存症を克服する6つの方法とは?




砂糖 中毒
愛情不足だけじゃない…
恋愛依存症になりやすい人の6つの特徴




砂糖 中毒
彼女しか見えない…
男性が彼女に依存する原因と6つの特徴とは?




砂糖 中毒
彼が私の全て!
彼氏への依存状態を抜け出す4つの方法




砂糖 中毒
離婚に発展する!?
実家依存症になる原因と克服方法とは




砂糖 中毒
ネットが無いと生きていけない!
ネット依存症を予防する4つの方法




砂糖 中毒
今や欠かせないスマホ!
携帯依存症が引き起こすデメリットとは?




砂糖 中毒
人生を台無しにする!
ゲーム依存症を克服する4つの方法とは?




砂糖 中毒
女性は特に注意!
整形依存症を引き起こす心理と予防方法




砂糖 中毒
その買い物病気かも?
買い物依存症になる人の3つの特徴と注意点




砂糖 中毒
家族の理解が必要…
依存症を克服するために重要な3つの方法




砂糖 中毒
見逃せば命取り!
一酸化炭素中毒による顕著な症状と治療法




砂糖 中毒
たばこが寿命を縮める…
ニコチン依存症の原因と3つの克服方法




砂糖 中毒
あなたは大丈夫?
依存体質の人が持つ5つの特徴と克服方法