中毒性が高いデパス!依存する原因と未然に防ぐ3つの方法とは?

デパス 依存

 

デパスは、抗不安薬として日本で販売されている商品名ですね。

 

薬の成分として注目されるのは、ベンゾジアゼピン系であり、向精神薬として知られています。

 

デパスは含まれている成分の特徴から、依存傾向が強いことが分かっています。

 

そこでこの記事では、デパスの効果を確認しつつ、依存症を未然に防ぐ「飲み方」について紹介します。

 

  • 不安感を払しょく!デパスに見られる効果とは?
  • デパスが他の抗不安薬より依存性が高い理由
  • 使い方がカギ!デパスの依存症を未然に防ぐ3つの方法とは?

 

不安感を払しょく!デパスに見られる効果とは?

 

デパス 依存

 

ベンゾジアゼピン系の成分は、依存性が高いことが知られており世界各国で厳重な管理がされています。

 

処方をする場合には医師によって、適切な量が毎回処方されるようになっているほど。

 

デパスは、沈静や睡眠導入、抗けいれん、抗不安、筋弛緩といった作用を持ちます。

 

スポンサーリンク

 

気持ちが落ち込んでおり、精神的に不安でそれに起因する体調不良を引き起こしている場合は、デパスを服用することによって、気分を落ち着かせて楽にさせてくれます。

 

ストレスによる睡眠障害にとっても有効である一方、長い間使うと脳は薬が効いている状態に慣れるので依存性が発生し、解離症状が見られる場合もあります。

 

しかし本来の用法通り、短期間での使用であれば比較的安全で、睡眠導入剤としては有効だと認識されているのです。

 

 

デパスが他の抗不安薬より依存性が高い理由

 

デパス 依存

 

デパスは抗不安作用がとても強く、半減期も6時間程度と短めの薬です。

 

他の抗不安作用を持つ薬は30日以上の連続した処方ができない制限がありますが、デパスに限っては90日までの処方が認められています。

 

依存は服用する期間が長ければそれだけ効果を発揮しますので、デパスは依存する可能性が高い薬と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

また服用する量は医師により厳重に管理され、処方する量も決められています。

 

しかし中には大量のデパスを短期間に服用し、医師に対して「紛失した」と届け出、再び処方を求めるケースも。

 

服用制限が長いと、体に耐性が付いてくるため少量のデパスでは不安感の払しょくの効果が得られなくなり、大量に服用してしまいます。

 

こうしたことから、デパスは依存症になりやすいのです。

 

 

使い方がカギ!デパスの依存症を未然に防ぐ3つの方法とは?

 

デパス 依存

 

アルコールや薬物依存症は、脳のコントロール機能がマヒすることにより発生します。

 

一度機能が壊れた脳は、完全に回復することはないので、長く困難な依存症治療を続けていかなければなりません。

 

それと同様に、デパスも依存性が強く一度依存症になると、そこから抜け出すには相当な時間が必要です。

 

大切なのは依存にならないように注意をするという点。

 

デパスも、依存になってから注意するのではなく、依存にならないように飲み方などに注意を払う必要があるのです。

 

そこで、デパスで依存症にならないために、どういった予防法があるのか次から3つ紹介します。

 

 

1:症状の強さに応じた適切な効果のデパスを用いる

 

デパス 依存

 

抗不安作用が強い薬ほど、「効き目がある!」と脳が判断するので依存性が高くなります。

 

依存しないためには、効果が弱いとされるデパスを選ぶようにします。

 

不安数値が仮に4だとして、8の強さを持つ抗不安薬を服用していたとしたら、効き目が強すぎると判断できます。

 

その不安感に応じて強さを決める必要があり、主治医からの処方によってのみ入手できるのがデパスですから、常に相談をして強さを決めていきましょう。

 

 

2:依存を防ぐために半減期の長いタイプを選ぼう!

 

デパス 依存

 

デパスは基本的に半減期が短い薬とされています。つまり、効き目が短いということ。

 

半減期が短ければ、即効性があるのですぐに効き目を体感できます。

 

すぐに「効いてきた!」という気持ちになれば、切れた時にも判断できるため不安感はより一層強まっていき、再びデパスを求めます。

 

半減期が短いと、効き目が短いばかりかより依存性を高めることに繋がってしまうのです。

 

デパスによる依存を防ぐためには、半減期の長いタイプを選ぶようにしてください。

 

 

3:デパスの服用期間を短くする

 

デパス 依存

 

デパスに入っているベンゾジアゼピン系は、漫然と飲み続けることは推奨されていません

 

ベンゾジアゼピン系は、1か月ほどで依存性が形成されると専門家が指摘しているからです。

 

もちろん個人差や種類や量によって期間は異なりますが、長期間の服用は遅かれ依存形成が生じるのは間違いありません
精神的な疾患からくる不安感やうつ感などの症状がつらく、デパスの服用が必要と医師から診断された場合、その期間の間服用することは問題ではありません。

 

危険なのは、症状が改善されているのに「飲んでいたほうが気持ちが楽だから」という、漫然とした態度を取り続けること。

 

この精神態度を示し続けると、何かしら不安な出来事があると「ああ、飲んでいればよかった」と感じるようになり、依存症になりやすいです。

 

症状が特につらい時に飲む「一時的な補助薬」という認識を持つようにしましょう。

 

 

〜まとめ〜

  • 不安感を払しょく!デパスに見られる効果とは?
  • デパスが他の抗不安薬より依存性が高い理由
  • 使い方がカギ!デパスの依存症を未然に防ぐ3つの方法とは?
  • 1:症状の強さに応じた適切な効果のデパスを用いる
  • 2:依存を防ぐために半減期の長いタイプを選ぼう!
  • 3:デパスの服用期間を短くする

 

デパスは半減期が短く、他の抗不安薬に比べ服用期間が長く設定されている特徴があります。

 

そのため、デパスは依存しやすい薬なので、依存しないためにはどうするかを事前に考えておかなければなりません。

 

ただし、睡眠導入剤としては有効な効果がある薬ですので、上手に用いたいところです。

他にこんな記事も読まれています



スポンサーリンク



人気記事ランキングはこちら↓


デパス 依存
飲みすぎが招く!
アルコール依存症で鬱になる原因と治療法




デパス 依存
アルコール依存症の恐るべき真実!
脳にもたらす5つの影響とは?




デパス 依存
油断は死を招く!
急性アルコール中毒の症状と危険性




デパス 依存
【アルコール依存症】
苦しい離脱症状が起こる原因と治し方




デパス 依存
ギャンブル依存症の克服を目指す!
ギャンブルを確実にやめる方法




デパス 依存
共通点あり!
ギャンブルで依存症になる人3つの特徴と対処法




デパス 依存
人生が狂う…?!
パチンコやパチスロで依存症になる原因と症状




デパス 依存
キレイな水でも危険!
水中毒が引き起こす深刻な症状と対処法




デパス 依存
銀杏の食べ過ぎにご用心!
銀杏中毒になる原因と守るべき注意点




デパス 依存
カフェイン中毒で頭に激痛が…
頭痛の原因と効果的な治し方




デパス 依存
死亡する可能性も!
カフェイン中毒で発生する危険な症状




デパス 依存
甘いものが止められない!
砂糖の中毒状態を防ぐ4つの方法




デパス 依存
薬物並みの依存性?
チョコレート依存症が起こる原因と対処法




デパス 依存
恋人を不幸に招く…
恋愛依存症を克服する6つの方法とは?




デパス 依存
愛情不足だけじゃない…
恋愛依存症になりやすい人の6つの特徴




デパス 依存
彼女しか見えない…
男性が彼女に依存する原因と6つの特徴とは?




デパス 依存
彼が私の全て!
彼氏への依存状態を抜け出す4つの方法




デパス 依存
離婚に発展する!?
実家依存症になる原因と克服方法とは




デパス 依存
ネットが無いと生きていけない!
ネット依存症を予防する4つの方法




デパス 依存
今や欠かせないスマホ!
携帯依存症が引き起こすデメリットとは?




デパス 依存
人生を台無しにする!
ゲーム依存症を克服する4つの方法とは?




デパス 依存
女性は特に注意!
整形依存症を引き起こす心理と予防方法




デパス 依存
その買い物病気かも?
買い物依存症になる人の3つの特徴と注意点




デパス 依存
家族の理解が必要…
依存症を克服するために重要な3つの方法




デパス 依存
見逃せば命取り!
一酸化炭素中毒による顕著な症状と治療法




デパス 依存
たばこが寿命を縮める…
ニコチン依存症の原因と3つの克服方法




デパス 依存
あなたは大丈夫?
依存体質の人が持つ5つの特徴と克服方法